上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲ ホームページ掲示板バナー
皆様 こんにちは。

朝晩は寒いですが お昼はちと暖かくなって来ましたね。
金曜日まではお天気のようです。

尼崎、心斎橋と商店街で大きな火事が続いていますよ。
気を付けなければ。
自宅に火災報知機を付けなければいけないのでしたっけ?
うちのおじいちゃんが言ってたような?

さて 皆様お馴染みの?ご存知のですよね。
 ジョン・コルトレーン研究家の藤岡靖洋さんから 連絡が入りました。
「ザ・ジョン・コルトレーン・リファレンス」 ミムラでも何冊かお買い上げ頂きましたね。
セカンド・プリンティングが完成したようです。
The John Coltrane RefereneB
藤岡さんご本人から 紹介文が届いていますので 添付しておきます。
価格は予価ですが、 18800円くらいになりそうです。
円高の影響で少し買い易くなりました。


The John Coltrane Reference(ザ・ジョン・コルトレーン・リフファレンス)
Routledge, NYC 2008(NYC ラトリッジ出版、2008年発行)
http://www.routledge-ny.com/books/The-John-Coltrane-Reference-isbn9780415977555

お待たせしました、究極のジョン・コルトレーン研究本、セカンド・プリンティング(2刷り)完成、少数限定入荷。
紙質が厚くなり、ボリュームを増して再登場。

本書は、英国BBCから、「Best Book 2008」に選出の栄誉に浴しました。

ニューヨーク、イリノイ州、テキサス州、ドイツ、そして日本という世界各地で全く違うバックグラウンドを持つ5人が世界最強タッグを組み、各自のジョン・コルトレーンに対する“情熱”というものが、ひとつにまとめあげられて、遂に一冊の本が完成した。
国際A4版、英文820ページの巨大な本『The John Coltrane Reference(ザ・ジョン・コルトレーン・リフファレンス)』は、「クロノロジィ」(年代記)とデータ中心の「ディスコグラフィ」(音盤記録)の合体した究極のコルトレーン研究本として、あらゆるジャズ・ファン、コルトレーン・ファンの座右に置かれるべき、そして世界のジャズ研究書の新たな指針とも成るべき書式を備え、恐ろしく精密でありながら、かつ読み易く、理解しやすい書き方で綴られた索引書である。
まず、これまでの通説を頭から信じることを辞め、ひとつひとつの事柄、特にコルトレーンの日々の行動について、徹底的に一から洗い直し、複数の証拠(複数の雑誌、新聞などの報道、インタビュー)に基づいて記載。生誕から幼少期の詳細な記述は勿論、プロとして活動し出した1945年から、40歳で急死する1967年まで、連日連夜の行動記録を年代順、日付順に記述した、世界でも類を見ない高精度な信頼すべき情報が満載。
更に24ページにわたる未発表写真は、詳細な記述のキャプションと相まって貴重なドキュメントとして資料的価値が実におおきく、見ているだけでも楽しい。さらに、「TV映像出演記録」、「(現存する14回の)インタビュー記録」、メイン・インデックスは、「人物や場所」、そして「曲名」など、知りたい情報を簡単に引き出せるようになっている。
いずれも詳細な資料、写真と共に読みやすく配置。
当初は「アルティメイト(Ultimate)」というタイトルも付けようかと論議されたほどの、「究極」のコルトレーン・ネタ本。


「ミムラ」さんで拙著購入の方には、
A4判、5ページの日本語解説を無料でお付けします。

ということなのです。
入手されたい方は ご予約受け付けてますので お知らせくださいね。

で、その藤岡さん。
よく会うのですが、 “ミムラさん!澤野さんだけ熊本連れて行って ずるいわあー!”って。
いつも “ ぼくも番組出させてよー! ”と責められるのです。

藤岡さんに出てもらっても ええねんけど。
そのときは 私と福島さんと 食事に行くから 1人で喋ってもらうことにしよう! うん!

 藤岡さーん! 本の宣伝しときましたでー!

 で、のぞみちゃん! 良かったねー。 強がり言ってはるけど あんたなら大丈夫や!
 おばあちゃん やっぱり えらいことに? でも ひょっとしたらの展開があるような気がする・・?

 すいませーん! 
  13日の金曜日は お昼1時からの開店に させてもらうかも?です。
  よろしくお願いします。

熊本放送「ジャズの専門店」番組のサイトはこちら→ RKK PODCASTING
2009.03.10 Tue l 雑記 l COM(2) TB(0) l top ▲ ホームページ掲示板バナー

コメント

熊本放送
だいたい、三村さんは美しい女性を
独り占めしようとする
悪い癖が有る。
美女と一緒の会食などはいつも事後報告。
一度も誘ってもらったことが無い。

ぼくは、三村さんを
ハービー・ハンコックが
拙宅コルトレーン・ハウスへ来た時にも誘った。

けど、美女とぼくは遠ざけようとしている...(涙)

拙著の宣伝、オオキニ。
2009.03.10 Tue l Fuji. URL l 編集
マイクを見ると人が変わる?
藤岡さん! 違うんですよ。
私は スタジオに呼びたいのです。

しかし しかし マイクを前にすると
   藤岡さんが豹変する姿を何度も見ているのです。
あーー、恐ろしい! 犬神のたたりじゃぁー。

世界的なコルトレーン研究家の “ 冬のリビエラ ”
 意外に受けたりして!
あーー、番組が のど自慢に変わるのが 恐ろしやぁー!
 あきやまきせいさん NHKから呼んでこなあきませんね。
 カーーーン!って。
2009.03.10 Tue l ミムラ. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://jazzmimura.blog18.fc2.com/tb.php/330-5474d2cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。