上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲ ホームページ掲示板バナー
三村さん

 「ジャズの専門店ミムラ」店主であります、夫 三村晃夫は、7月29日、急性心不全により急逝いたしました。28日夜、梅田の「ロイヤルホース」で友人の方々とライブを楽しんだ後の事でした。帰りの京阪電車内で倒れ、懸命な救命措置のかいなく、一度も意識が戻る事なく逝ってしまいました。あっけなく…。

 子煩悩で家族思いのよき父親、よき夫でした。
 お父さんのおかげで私達家族は幸せでした。
 せめてひとこと、最期に「ありがとう」と伝えたかった。

 桂南光さんに力強く背中を押していただき始めることが出来ました「ミムラ」は、開店して8年になりました。最初は「ジャズだけの店なんてムリやろ、無謀やね~」と周りから大変心配されました。私も内心、いつまで続けられるかなあ…?と思いながらも、やりたい事をあきらめ後悔して欲しくはないと思い、「だめだったらだめでいいじゃない、やってみたら」と。でも一番不安だったのは主人に違いありません。

 そんな不安なスタートでしたが、じわじわとお客様がお客様を呼び、固定のお客様が増えてゆきました。新聞やテレビで取り上げていただいた事も大きかったと思います。

 主人にとってお客様はお客様であると同時に、同じジャズを愛する仲間であり、友人だったのではないかと思います。そんな多くの仲間に見送られながら旅立っていった主人は本当に幸せ者です。主人を支えて下さった皆様の御厚情に深く感謝いたします。

 棺の中のその顔はとても安らかで、かすかにほほえんでいるように見えました。
 ジャズに出逢えてよかった。そして皆様に出逢えて本当によかった。
 今までありがとうございました。

妻 三村玲子

追伸
 近日中に「閉店セール」を行いたいと思っております。
 後日、日程等は決まりしだい当ブログにてお知らせいたします。


葬儀ではRKK熊本放送のラジオ番組「ジャズの専門店」
四年近くに亘り三村の相手役を務めてきた、同局の福島絵美アナウンサーから
ご弔辞をいただきました。

三村さん
 今あなたの御霊前に向かい、お別れの言葉を述べなければならないとは、思ってもいませんでした。 ちょうど二週間前の日曜日、いつものように番組の収録を済ませ、笑顔で「また来月やね!」と、手を振って帰られたのに、こんなにも急に逝ってしまわれるとは、今でも信じられません。

 あの笑顔と、マイクの前でジャズを熱く語るその姿を、もう二度と見ることができないなんて…。 今夜も十時半になったら、「ジャズの専門店」が始まり、RKKラジオから三村さんの声が流れます。 急にお亡くなりになったことをお伝えして、番組は放送することになりました。 そして十一時半になればポッドキャスティングで、日本中の三村さんファンが番組を聴いて下さることでしょう。 今夜はちょうど、放送二百回目。この十月で、番組開始から丸四年になるのを楽しみにしてらしたのに、本当に残念です。

 ジャズをこよなく愛した三村さんならではの選曲と、いつもミュージシャンに温かく、応援する気持ちに溢れる、判り易い解説。そして、お茶目な楽しい関西弁のおしゃべりで、多くのファンを作りましたね。私もその一人ですよ。もっともっと、一緒に番組を続けたかった。お付き合いをさせていただきたかった。 せめて、もう一度だけお会いして、月一回の収録がどんなに楽しかったか、その想いを伝えたいのですが、それは、もう出来ないのですね。

 三村さんは、収録の合間に、奥様のこと、三人のお子さんのこと、おじい様のこと、家族の話をいつもして下さいました。子煩悩で教育熱心で、そして、家族想いの三村さんは、番組のことだけでなく、家庭のあり方、こどもの教育など、いつも私の相談に乗って下さり、たくさんのアドバイスをして下さいました。心から感謝しています。

 三村さん。あまりにも早く旅立たれて、残されたご家族のことが、とても心配だと思います。三人のお子さんが社会人になられる姿を、さぞ見届けたかったことと思います。残念で残念でたまりませんが、これからは、どうか天国からご家族を、やさしく見守ってあげて下さい。

熊本放送 福島絵美

2011.08.02 Tue l ご挨拶 l COM(6) TB(0) l top ▲ ホームページ掲示板バナー

コメント

ツイッターより 7月29日~30日
こんばんは。
ミムラのホームページや年賀状を作成している友人の高橋です。
三村さんが亡くなられたことを知った7月29日の朝から今夜までに私がツイッター( @teninbashi5 )に書いた三村さん関連のツイートのまとめをここに転載させていただきます。

◉長年の友人である「ジャズの専門店ミムラ」の店主・三村晃夫さんが昨夜電車内で突然倒れ、意識不明のまま亡くなられました。通夜・葬儀の日時は未定。三村さん亡き後、店のブログとHPを更新できるのは僕しかいませんので、一般のお客様への知らせは奥様と相談の上、僕が行います。ただただ残念です。

◉三村さんとは今月大阪に行った時に会ったばかり。もちろん元気だった。昨夜もジャズライブの帰りだったという。知り合ってから12年目くらいか。最初はワルツ堂時代で僕は客だった。独立する際に頼まれて以来、店の年賀状とHPを作ってきた。ショップカードや値札の版下も僕が作った。本当につらい。

◉本日未明に急性心不全で亡くなられたジャズの専門店ミムラ店主・三村晃夫さんの通夜・葬儀の日時がわかりました。通夜は30日午後7時、葬儀は31日午前11時から、場所は寝屋川市香里園の京阪典礼会館(072-833-2280)です。ご遺族に代わってこれから三村さんのブログでご報告します。

◉「ジャズの専門店ミムラ」のブログを先ほど泣きながら更新しました。2年前、三村さんにむりやりブログを始めさせたのはこの僕です。まさか最後に僕が更新することになるとは…。

◉亡くなった三村さんが熊本放送で毎週担当していた人気ラジオ番組「ジャズの専門店」のポッドキャストがネットで聴けます。著作権の関係上、番組中で紹介した曲は聴けませんが、三村さんの軽妙な大阪弁を聴くことができます。

◉三村さんが昨夜聴きに行っていたのは佐藤允彦さんトリオ+上杉亜希子さんのライブでしたが、上杉さんのブログで昨夜の三村さんの様子を詳しく知りました。体調異変のことも…。
http://amba.to/qgkNb0
上杉さんの三村さんに対する人物評はまったくその通りだと思います。

◉今日三村さんのブログをご遺族に代わって更新したが、管理者ページにログインするためのパスワードを僕はどこにもメモせず、暗記していた。覚えやすいパスワードだから暗記できたのだが、実を言うと今月初めに三村さんの店でブログのサイドバーに修正を加えるまでは記憶違いをしていた。危なかった。

◉僕が毎年デザインしてるミムラの年賀状、来年はチック・コリアの「リターン・トゥ・フォーエバー」を提案していた。扇町公園の遊具の上でカモメのポーズをとって撮影し、海の写真と合成すればいいと言うと、三村さんもそれは絶対ウケると大いに乗り気だった。

◉(続き)年賀状のギャラは毎年二人だけの新年会を開いて、焼肉などをおごってもらうこと。来年のネタ(ジャズの名盤パロディ)を何にするかは年中盛り上がるネタだった。ジャズファンなら誰でも知ってる名盤で、撮影に手間と費用がかからず、思いきり笑えて、なおかつ僕のスキルで作れるものが候補。

◉三村さん@mimujazz のツイッターのフォロワーさん達のツイートを見ていると、営業用のアカウントはともかく、関西のミュージシャンでもまだ知らない人がいる感じだ。僕からその人達に知らせることもできるけど、そこまでするのもなぁ…。三村さんの最後のツイートは、亡くなるほんの数時間前だった。

◉三村さんの葬儀式場に着きました。19時からお通夜が始まります。
2011.08.02 Tue l 高橋雄一. URL l 編集
いつものように
いつものように駅からメールをし、返事がないまま向かったいつもの店は寂しくシャッターが降り、そこには何もなかったかのように今日は終わりました。また明日・・・を知らせるいつものバイクと自転車のバリケード・・・でも、いつもはない貼り紙が・・・それの意味することはとっくにわかっているはずなのに、休養の後にまた、いつもの主の笑顔がそこに戻ってくることを当然の事と思いたい心の矛盾・・・通夜の主役のあなたはちょっと寝てますって感じでした。現実の実感がないまま、また、メールを打つでしょう。『まだ、開いてますか?』・・・。
2011.08.02 Tue l S百貨店営業マン. URL l 編集
ツイッターより 7月31日夜~8月2日
ミムラのホームページや年賀状を作成している友人の高橋です。
7月30日の夜から今夜までに私がツイッターに書いた三村さん関連のツイートのまとめをここに転載させていただきます。

◉三村さんのお通夜に向かう間、ずっと熊本放送のラジオ番組「ジャズの専門店」を聴いていた。福島アナとの軽妙なやりとりを聴いていると三村さんが死んだ実感なんてゼロだった。祭壇を見てもまだ実感がわかなかった。棺の中の三村さんに会う前になってようやくドキドキしてきて、急に涙が溢れてきた…。

◉三村さんの顔は穏やかだった。日頃僕の前では家族ネタが一番多く、「どんだけ家族仲がええねん?」と思うほど仲良さそうだったご家族とは、これが初対面だった。喪主は奥さんだが挨拶はお父さん。気丈で素晴らしい挨拶だった。社会人一年目のご長男は僕が譲ったクロスバイクに乗って毎日通勤している。

◉ミムラが開店したばかりの頃、毎日放送のニュース番組「VOICE」に取材された。録画した僕が何十枚もDVDにコピーしてあげて、見逃した常連さんに店で配っていた。桂南光師匠も澤野工房の澤野社長も評論家の藤岡靖洋さんも登場する豪華な内容だった。
http://bit.ly/oDmhF4

◉僕がヤフオクにはまっていた頃、三村さんが店では売る気のなかった私物のジャズのレーサーディスクを僕が代わりに出品してあげていた時期もあった。かなりたくさん出品したし、物によっては三村さんが驚くような高値で落札されたりして、小遣いが増えたと喜んでいた。僕も手数料として2割受け取った。

◉ミムラの年賀状でいつかやりたかった名盤パロディは、ソニー・クラークの「クール・ストラッティン」(ハイヒールを履いた三村さんの毛深い脚で)、ビル・エヴァンス&ジム・ホールの「アンダーカレント」(琵琶湖ロケ!)、セロニアス・モンクの「モンクズ・ミュージック」(三輪車のやつ)等々…。

◉「ジャズの専門店ミムラ」のブログに心のこもったコメントがたくさん寄せられています。ぜひお読みください。 

◉三村さんの葬儀が終わった。出棺の曲は三村さんをジャズの世界に引きずりこんだソニー・ロリンズの超名盤「サキソフォン・コロッサス」の中の一曲、「モリタート」。大勢の弔問客に見送られ、旅立っていきました。

◉弔辞は三村さんの熊本放送でのラジオ番組「ジャズの専門店」の相手役、福島絵美アナ。番組は奇しくも今夜、放送200回目を迎えます。番組冒頭で三村さんの急逝を伝えた後に通常通り放送され、放送終了後の23時半からポッドキャストでも聴けるとのこと。収録済みの残り2回も放送決定だそうです。

◉昨夜はお通夜の後、ミムラの顧問税理士でジャズドラマーでもある河原さん、ギタリストの末宗さん、ライブで来れなかったベーシスト宗竹さんの奥さんと香里園駅の近くで偲ぶ会。僕にとっては三村さんとほぼ同時期に知り合った人ばかり。店のお金や確定申告の件は河原さんに任せておけば大丈夫でしょう。

◉三村さんと親しかった関西テレビの村西利恵アナも葬儀に来られてたので初めてご挨拶。実は数年前、三村さんに頼んで村西さんに三谷幸喜の「オケピ!」のチケットを取ってもらったことがあり(関テレ主催だったので)、テレビで彼女を見る度にいつか御礼が言いたいと思っていたのだが、ようやく言えた。

◉ただいま帰宅。実は今回は電車ではなく車で、しかも高速代ケチって下道を通ったので往復約8時間かかった。車の中ではずっと三村さんのラジオ番組を聴いていた。三村さんがしゃべってるだけでも十分身近な番組だけど、今日は福島アナともたくさん話ができたので、帰りの車中ではより一層身近な番組に。

◉添付の画像は通夜・葬儀で配られた奥さんの三村玲子さんからの御礼の言葉です。ジャズを愛するミムラのお客さんすべてに読んでほしいと思います。
http://twitpic.com/5yqb8m

◉@mie_jammin @rimu_41enishi もし三村さんに会っていたら、必ず三村さんを好きになっていたと思います。誰からも愛される人でした。人から嫌われる要素がまったくない、本当に誠実で温厚で、なおかつとても面白くて、僕の人生で出会った中でも最高に良い人でしたね。

◉自分が作った動画をベタ褒めするのも恥ずかしいですが…この動画が本当に大好きです。
「ジャズの専門店ミムラ 2009年 年賀状メイキングビデオ」
http://www.youtube.com/watch?v=11V1kOTd_58

◉新聞の番組欄を見たら今日は滋賀県でも高校野球大阪大会の決勝戦が中継されるようだ。三村さんなら絶対、お客さんがいなければラジオでずっと聞いてただろうなと、また三村さんを思い出す。プロ野球には全く興味がない人だったけど高校野球は大好きで(元球児)、熊本の県大会まで気にしてたもんな…。

◉@Georgeoyaji 以前からブログを読んでいただいていたのに、最近ブログがすっかり休止状態ですみません。もう大阪に行っても三村さんの店に寄れないのがお互い本当に辛いですよね。RKKの「ジャズの専門店」の音源は三村さんの家族と友人にとってものすごく素晴らしい宝物だと思います。

◉大阪出身で三村さんと親しかった人気ジャズピアニスト・西山瞳さんのブログ→y o m o y a m a *blog : 7月31日http://t.co/M9KNaSO

◉先ほど「ジャズの専門店ミムラ」のブログに、奥様からの御礼のメッセージ(通夜・葬儀で配られた挨拶文とは別)と、熊本放送・福島絵美アナウンサーの弔辞全文を載せて更新しました。ぜひご一読下さい。

◉ジャズシンガー・東かおるさんのブログ
【ミムラさん 有難うございました】http://t.co/ektYcg6
2011.08.02 Tue l 高橋雄一. URL l 編集
続・ホームページより
以下はホームページの掲示板に寄せられたコメントの転載です。29日~31日の分は一つ前の記事のコメント欄に転載しています。

信じたくない  投稿者:kimuta1101
投稿日:2011年 8月 1日(月)08時38分1秒

訃報を伺ってから、悲しくて悲しくてたまりません。
お店のドアを開けると、いつもあの笑顔で温かく迎えてくれて悩み事でも何でも話して
しまう、そして聞いてくださる温かい方でした。
信じたくなくて、告別式も勇気を振り絞って・・・・
安らかなとても綺麗なお顔をされていました・・・・
今まで主人と親しくして下さってありがとうございました。
三ちゃんの事、ずっとずっと忘れません。
------------------------------

同学年でした  投稿者:はせ 
投稿日:2011年 8月 2日(火)09時12分44秒

ショックです。子供のことなど色々と相談にのっていただき本当に仏さんみたいにやさしい人でした。天国でおいしいコーヒー飲みながらゆっくりJAZZ聴いてくださいね。
------------------------------

残念でたまりません  投稿者:Vman
投稿日:2011年 8月 2日(火)23時52分44秒

ひと月ほど前に社用で試聴用のJAZZ LPレコードを色々選んで頂きました
私の好みや使用する要件をお聞き頂き選んで頂いた16枚
持ち帰り全て聞きましたがどれも三村さんの的確なアドバイス通りの素晴らしいLPでした
試聴しなくても演奏がインスピレーション出来る的確なアドバイスで又、相談に伺おうと思っていた矢先の悲しいお知らせに際して信じられない、残念な気持ちで一杯です。
これからも大切に聴かせて頂きます。
------------------------------

びっくりしました。  投稿者:トヨナカITO 
投稿日:2011年 8月 3日(水)09時57分22秒

2日一週間ぶりに店に行くとシャッターが降りてあり、
お知らせが貼ってあったので気になりHPを見てびっくりしました。
以前伺ったとき、このところ健康診断に行ってないなあとのことでしたのでお互い元気が何よりだと話をしたのに残念でなりません。
27日のブログがその前兆だったのですね。
ジャズの楽しさを語るあの笑顔が忘れられません。
ただただご冥福をお祈りするばかりです。 
------------------------------

ありがとうございました。  投稿者:S-Jazz 
投稿日:2011年 8月 3日(水)17時40分29秒

未だに信じられません。
高校生の頃、通っていたワルツ堂(郊外のスーパー店)にミムラさんがおられました。閉店後、レコードを小脇に抱え足早に行かれる姿をお見かけし「何処に行かれるのですか?」と尋ねると「これからが仕事なんや」と言われるのを当時は不思議に思っていました。

近くの喫茶店でお会いした時、ミムラさんがお勘定を済ませてくださっていた事もありました。僕もあんな粋な大人になりたいなぁと思ったものです。ある日、お店に行くとミムラさんがおられず転勤されたとの事でした。

それから数年・・・
ホームページでミムラさんを発見!腰を抜かすくらい驚きました。隅から隅までサイトをチェックし、当時の謎が解けました。お会いして当時のお礼を言いに行こう。でも、冷静に考えると今から約20年前の事、覚えてくれてはるかなぁと少し不安になってきました。それでも週末お店に向かいました。ドアを開ける時は緊張しました。
「僕のこと覚えてくれてはりますか?」
「面影あるある、覚えてるよ~。もう何年前になるかなぁ。」と言っていただいた時は本当に嬉しかった。お礼はもちろん、当時のお話を色々させていただきました。

近々、お店に行こうと思っていたところなのに・・・
もっとJAZZのお話などさせていただいたり、教えてほしかったです。
お会い出来ないのは本当に辛いです。
今までありがとうございました。これからもJAZZを愛し続けます。
こころからご冥福をお祈り申し上げます。

------------------------------
今になって知りました。  投稿者:口笛太郎 
投稿日:2011年 8月 4日(木)09時54分3秒

 お亡くなりになったことは非常に寂しく、今になってそれを知ったのが非常に悔しいです。
マイミクだし、Facebookも友達だったし、ツイッターもフォローしてたのに・・・。ちょっと見なかっただけでこんなに時間が経って知ることになるとは。この前、ツイッターで返信あったばかりなのに・・・。
ESTのワルツ堂の店の奥でメガネをちょっとズラし気味にして、エプロン付けたお茶目な姿が忘れられません。もうこんなJAZZを愛してる人とも出会わない気がします。三村さん、最高でした。
僕たちにとっては、エバンスやマイルスをもう一度失うようなものです。
心よりご冥福をお祈りします。
http://yampi.exblog.jp/16684195/
2011.08.03 Wed l 高橋雄一. URL l 編集
No title
三村さん、おはようさん。
いつもこんなメールでやり取りをしていました。
先日、HF堂掲載分のCDの件で交信したばかり。

Jazzのこと、人生のこと、娘の進学のこと、etc.
色々と親身になってご助言下さいました。
感謝です。

今は三村さんの訃報にただ驚き、ただ悲しく言葉が出ないです。

有り難う、三村さん。 
働きすぎ!ゆっくりしてね。

本当に素敵なお父様でしたね。
ご冥福をお祈り申し上げます。
2011.08.04 Thu l cappuccino. URL l 編集
ふっと思い出し毎日悲しい
三ちゃん、今頃何を考えていますか?
きっとご家族の事が、一番気掛かりで悔しいでしょうね。あの日から毎晩家族で、三ちゃんのお話をしています。一番に言うのは嫌味のない、アクのない凄い良い人やったと。三ちゃんの事を嫌いな人は世の中に探しても絶対、いないねって。梅田やからすぐいつでもお会い出来るしと思ってしまい、ここ数年私はお目に掛かっていなかったのが、本当に悔しいです。主人はお亡くなりになる直前の土曜日に、ゆっくり話が出来たことが幸いだったと言っていますよ。
60代70代80代もずっとお付き合いしたかったのに。
毎晩の三ちゃんの話の締めくくりは、「神様なんかいてない」で夫婦でため息。今夏は悲し過ぎて早く季節が変わって欲しいです。三ちゃん、どうかご家族を守ってあげて下さいね。
2011.08.05 Fri l kimuta1101. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://jazzmimura.blog18.fc2.com/tb.php/1194-b209c9e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。